適切な借入をするために

多重債務に陥ったり、返済に困った時の相談方法や、万が一トラブルになってしまった場合の紛争解決についてみてきましたが、一番は、そのような事態にならないことが大切です。
では、そのような事態に陥らないように消費者金融を適切に利用するには、どのようなことに気を付けたらいいでしょうか。
ポイントとしては、法律やルールに則って貸付を行っている信頼できる消費者金融を選ぶこと、必要以上に借り過ぎない・自己の返済能力を超える借入をしないこと、返済が滞らないよう家計管理術を身につけたり、浪費をせず節約ができる自己コントロール力をつけることです。
具体的に借入の際に留意したいことを確認しておきましょう。
信頼できる業者かどうかの見極めポイントについても付け加えておきます。
まず、借入の際には、その業者が貸金業の貸金業者登録をしているかと、JCFA(日本消費者金融協会)の会員であるかを確認します。
大手ならまず問題はありませんが、マイナーな業者や、先方からDMなどで勧誘してきた業者などの場合は特に注意しましょう。
中には偽っている悪質業者が紛れ込むことがあります。
直ぐに借入をせず、貸金業の登録番号が正式なものであるかを金融庁のホームページで照合し、JCFAのホームページで正会員名簿を確認したり、前述の日本貸金業協会の相談窓口に問い合わせて業者の確認を行いましょう。
契約に際しては、契約書をよく読んで、借入金額・返済期間・利率や返済方法、返済遅延の場合の対応などを、十分に理解してから契約しましょう。
使用目的が分からない書類やクレジットカード、年金受給者証の提出を求められても渡さないでください。
正式な業者がこのようなものを要求することはありません。
また、借入の際に調査費などの名目でお金を要求されても払ってはいけません。
正式な業者は法定内の利息以外のものを要求することはありません。
最近では、総量規制で借入金額が制限されていることから、制限がない会社を紹介すると法外な手数料を請求したり、信用情報機関の登録情報を変更して借入枠を増やしてあげるといった詐欺的な話を持ちかけて来る悪質業者がいます。
信用情報機関の登録内容を変更することは不可能であり、借入枠が勝手に変更できることはありませんので、騙されないようにしましょう。
また、借入後に返済に不安を感じたら、できるだけ早く、日本貸金業協会の家計カウンセリングなどを受けましょう。
傷が浅いほど軌道修正がしやすいです。